2007年12月29日

本石亭(日本橋本石町)

本日(12月21日)のランチは、神田駅南口の近くのカレー専門店の本石亭

20071221hongokutei1B.jpg小さな路地を入った奥にあるこじんまりとしたお店。夜はバーでもちろんカレーも食べられるのだが、お昼はカレーのみを提供している。

お昼のメニューは、これまで欧風カレーとインドカレーだけだったのに、久しぶりに来て見たら、ドライカレーとキーマカレーというメニューが増えていた。

ということで、本日はキーマカレーを注文。800円。

鶏の挽肉を煮込んだ辛口のカレー。ルーの上にはこの店のおなじみの大きな野菜が乗っかっている。

鳥の挽肉は、たっぷり入っているのだが、パサパサせずに柔らか。味はインド風カレーのように辛口で、隠し味にパクチーが入っているとのこと。


20071221hongokutei2B.jpg辛い中にも、さまざまなスパイスの味が口の中に広がる工夫された味のカレー。

これまでのレポート
 インドカレーはこちら

 欧風カレーはこちら

ランチどうだった? <1ポイント=1ふう(F)>
味は(×3) 8F(おすすめ)
値段(×2) 7F(800円以下)
ボリューム  6F(ちょうど)
店構・雰囲気 6F(隠れ家的な落ち着いた雰囲気)
一芸(×2) 7F(工夫された味のカレー)
接客・その他 7F(マスターのこだわり)
合計    71F(神田近くのカレー店としておすすめ)

DATA
本石亭(ほんごくてい)
中央区日本橋本石町4−4−16
03-3272-2909
11:30〜14:00(月〜土)
18:00〜23:30(月〜金)

posted by ふう at 14:26| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(2) | ランチ神田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

伊勢ろく本店(神田)

本日(3月16日)のランチは神田の伊勢ろく本店

20070316iseroku1B.jpg老舗の親子丼の店として有名。1階はカウンターのみで10席くらい、カウンターの向こうは厨房で一所懸命親子丼を作っている。2階もあるが20人程度の広さ。

お昼のメニューは親子丼に、大盛とスープのオプションだけと至ってシンプルな構成。

本日は親子丼(680円)とお吸い物(100円)を注文。親子丼は、卵が半生でとても柔らかく、鳥肉も柔らかく出汁の染み込んだ良い味付けになっている。

20070316iseroku2B.jpgカウンターの向こうの厨房を見ていると、親子丼を作る鍋に時間を見ながら、3回に分けて卵を入れている。なるほど、こうやって半熟の卵を作っているのか。

ご飯は少し少なめなので、若い人は大盛(100円増し)の方がいいかも。

スープは少しうす味で、もう少し鶏がらスープの味が出ていたらいいと思うが。

帰りに、大盛り、またはお吸い物のサービス券をくれる。

ランチどうだった? <1ポイント=1ふう(F)>
味は(×3) 7F(旨い)
値段(×3) 7
F(800円以下)
ボリューム  5F(腹八分目かな)
雰囲気・接客 5F(仲間と早飯)
一芸・特徴有 7F(老舗の親子丼)
他には    6F(特になし)
合計    65F(手頃な価格の美味しい親子丼)

DATA
伊勢ろく本店
東京都千代田区内神田2−12−3
神田西口商店街 外堀通り手前
03−5294−7120
11:00〜15:00 17:30〜22:30(土は夜休み)
休日:日・祭日
http://www.iseroku.co.jp/home.htm

posted by ふう at 23:00| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(1) | ランチ神田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月19日

ガヴィアル(神田)

本日(12月19日)のランチは神田駅南口にある欧風カレーとエスプレッソコーヒーの店、ガヴィアル

店は雑居ビルの2階にあり、初めてだと少しわかりずらいかも知れない。店内は、こげ茶色を基調とした落ち着いた内装。

20061219gavial1B.jpgメニューは各種カレーが1100円からと少しお高め。海老カレー1350円、シーフードミックスカレー(エビ、アサリ、ホタテ) 1700円 など通常のランチとしては超高級メニューもある。

辛さは甘・中・辛口から選べる。

本日は、ビーフカレーを辛口で注文。カレーとライスが、それぞれソースポットと四角い皿に別々に盛られて出てくる。それに蒸かしたジャガイモがついてくる。

20061219gavial2B.jpgカレーはコクの深い味で、最初は甘く感じるが、その後徐々にじわっと辛味が伝わってくる。

大きなビーフの塊が5〜6個入っているのだが、これも柔らかく煮込まれていてとろけるような食感。

熱々のジャガイモにバターを乗せて食べるのも旨い。カレーの辛さを緩和することも出来る。

20061219gavial3B.jpg食後は、この店自慢のエスプレッソコーヒーの香りと味を頂く。

ビーフカレー    1100円
エスプレッソコーヒー 350円

この店は昔から変わらない形で営業しており、私も10年以上も前、何回か来たことがある。初めての時にビーフカレーの辛口を大盛りで注文し、大汗をかきながら食べたのが印象に残っている。

なお、ガヴィアルとはインドに生息しているワニのこと。

ランチどうだった? <1ポイント=1ふう(F)>
味は(×3) 8F(おすすめ)
値段(×3) 4F(1100円以下)
ボリューム  6F(ちょうど)
雰囲気・接客 6F(仲間と少しゆったり)
一芸・特徴有 8F(コクのある欧風カレー)
他には    8F(ジャガイモもおいしい)
合計    64F(辛いカレーを食べたいときはおすすめ)

DATA
欧風カレー ガヴィアル
東京都千代田区内神田3-6-14 高幡ビル2F
03-3252-6878
11:00〜22:00(月〜金)11:00〜20:30(土)
定休日日・祝日
http://www.g-gyao.jp/s/0002145963/


posted by ふう at 23:00| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | ランチ神田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

丸富水産(神田)

本日のランチはJR神田駅から徒歩2分の丸富水産。

20061102marutomi1B.jpg表は魚屋になっていて、横の路地に回ると併設されたお店の入り口がある。 函館や築地などの市場では、魚屋がその隅っこで刺身を食べさせる店があるが、 ちょうどそのような雰囲気で、店の造りも、木の塀で囲っただけの安っぽい感じ。

お昼の定食は丸富定食1,000円の1種類しかない。店のお姉さんたちは元気がよく、座るとすぐに料理が出てくるので回転も早い。 
 
20061102marutomi3B.jpg今日の定食は、ご飯、野菜とあらのみそ汁、刺身盛り。

ご飯と味噌汁の器は丼のようなジャンボな大きさ。ご飯は酢飯で相当な量がある。みそ汁もこれまたボリュームがあり、野菜と魚のだしが良く出ているが、味が少し薄かった。

刺身盛は、まぐろ、アジ、サーモン、かんぱち、たまご、なかおち。なかおちは別盛でどっかりと出てきた。ご飯と味噌汁の器が大きすぎて、写真ではおまり多いとは感じないが、まあまあの量がある。

刺身としてそのまま食べたり、ご飯の上に乗せて海鮮丼のようにして食べたり、好きにしろという感じ。とにかく刺身をたらふく食べて腹一杯になる。 
 
20061102marutomi2B.jpg周りの客の料理を見てみると、皿の形も違うし刺身の量や盛り方やもそれぞれ違い、同じ定食とは思えない。

うに、いくらが出ていた客もあったが、そういえば、外のランチの看板には、うに、いくらも書いてあった。その分、こちらはなかおちの量が多いような気もするし、腹一杯だしこだわらないことにする。

これだけのボリュームがあるのに、表の看板に「ライスおかわり無料」と書いているのも可笑しい。

ネタの鮮度とボリュームで勝負しているお店なので、些細なことを許せる人にはおすすめ。 
 
ランチどうだった? <1ポイント=1ふう(F)> 
味は(×3) 6F(旨い、ネタは新鮮、素材で勝負) 
値段(×3) 5F(1000円以下) 
ボリューム  8F(満腹) 
雰囲気・接客 5F(仲間と早飯) 
一芸・特徴有 7F(魚屋がやっている食堂) 
他には    7F(店の人はやたらと元気で愛想がいい) 
合計    60F(些細な事にこだわらない人にはおすすめ) 
 
DATA 
丸富水産 
東京都千代田区神田鍛冶町3-7-33 
神田駅前プラザビル1F 
JR神田駅 徒歩2分  
03-5209-0322 
11:00〜14:00 16:00〜23:00 
定休日 日・祝 
http://r.gnavi.co.jp/b258308/ 

 

posted by ふう at 22:44| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | ランチ神田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月31日

酒季(神田)

本日のランチは神田駅南口からすぐ近くの酒季。 

この辺りは再開発が行われておらず、通りから1歩中に入ると狭い路地になり、2階建てくらいの木造家屋が立ち並ぶ街並みになる。路地の両側は民家があったり、ところどころに蕎麦屋があったりすし屋があったり。

20061031shuki1B.jpg都市開発の観点からは効率が悪いのかもしれないが、ぶらぶら歩くのならこのようなところの方がいい。 
 
そのような雰囲気の路地の中に、派手な色をした小さなカレーハウスが見えてきた。

昼はバングラディッシュの本場の味のカレー屋で夜は居酒屋というよくわからないコンセプトだが、とにかく中に入る。カウンターとテーブルで20席程度の小さな店。

20061031shuki2B.jpg本日はハーフ&ハーフを注文。ビーフとチキンのカレーの両方を味わえる。これにサラダが付いて950円。ご飯が足りなければお替りも頼める。両方ともじっくり煮込んだこくのある味付けで旨かったが、本場の味はもっと辛いのかと想像したのだがそうでもなかった。

店長はバングラディッシュ出身のコビルさんという人。カウンターの中にいた色黒の東南アジア系風のお兄さんだろう。日本語もうまいし愛想もよく、あったかい雰囲気を出していた。 
 
20061031shuki3B.jpgランチどうだった? <1ポイント=1ふう(F)> 
味は(×3) 7F(旨い) 
値段(×3) 5F(1000円以下) 
ボリューム  8F(満腹、ご飯のお替り可) 
雰囲気・接客 6F(仲間と少しゆったり) 
一芸・特徴有 6F(バングラディッシュの味?) 
他には    8F(お店の雰囲気がなんとなく暖かい) 
合計    64F(このあたりでは少し高めの値段設定では?) 
 
DATA 
東京都千代田区鍛冶町1-7-15 第一白砂ビル1F  
ア ク セ ス JR神田駅南口 徒歩2分  
03-5256-4677  
11:00〜14:00 17:00〜23:00 
定休日 日曜日  
http://r.gnavi.co.jp/a797900/ 

posted by ふう at 23:27| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチ神田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。