2009年09月10日

カフェ菊や(伊豆大室高原)

本日(9月10日)のランチは、伊豆の大室高原にあるCafe菊や

20090910kikuya416B.jpg大室高原の静かな別荘地の中にあるおしゃれで小さなCafe。

昨年11月に閉館した、きり絵美術館の建物を活かして、今年2月に新たにCafeとしてオープンしたとのこと。

店内は、白と焦げ茶色を基調とした内装で、さらにアンティークな家具や茶道具、菓子器、花器などが並んでいて、自分の家に居るような落ち着きを覚える。

写真の左奥に見えるのが、壁一面に作られた書棚。

オーナーが海外で買い集めた美術書や和書が並んでいて、オーナーの趣味の広さがうかがえる。

20090910kikuya418B.jpgお昼は、パスタやキッシュのセットなどが、850円から提供されている。

本日は、アンチョビと完熟トマトのパスタのセットを注文。自家製ピクルス、飲み物がついて850円。

パスタは、アンチョビの塩辛さとトマトの甘みがミックスして、バランスの良い味を出している。

新鮮な野菜のピクルスも少し塩味が効いていてさっぱりした味。

コーヒーなどの飲み物が400円、自家製の焼き菓子と飲み物のセットが450円からと、リーズナブルな価格で提供されているので、お茶をするだけでもよし。

まさに、散歩の途中で気軽に立ち寄れるお店。

焼き菓子やドリンクなどはテイクアウトもできる。

写真は、自家製のスコーンとデザート。

この店のスコーンは、ジャムやバターを付けても美味しいのだが、そのまま食べても旨い。

この店のオーナーは、ご主人が焼き菓子を、奥様が料理を作られているとのこと。

オーナーのセンスと家庭的なおもてなしを感じながら、ゆったりとした時間を過ごせる休憩処という感じ。

近くに行ったら、一度は訪ねてみたいお店。


DATA
Cafe菊や
大室高原9丁目673−2
0557−51−5365
国道135号道の駅(ぐらんばるポート)より
伊豆スカイライン方面へ700メートル 
営業時間:11時頃〜日没頃まで
定休日 不定休
http://www7b.biglobe.ne.jp/~kikuya-izukogen/

posted by ふう at 23:26| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

みんみん雀宮店(宇都宮)

本日(8月22日)のランチは、宇都宮のみんみん雀宮(すずめのみや)店

20090822minmin1B.jpg最初に、みんみん本店に行ったら30人位の行列。

昔7年くらい前に、この本店に来たことがあるのだが、その時はまだこれほどの行列はなかった。

夕方だったが、学校帰りの中高生や子供連れのお母さん達で混んでいて、地域の人の生活の中に溶け込んでいるのだと感じたものだ。

今や宇都宮餃子は、相当なブームになっていて、特に夏休み期間は混むらしい。

ということで、雀宮(すずめのみや)店を訪問。

20090822minmin2B.jpg焼餃子、揚餃子、水餃子、それぞれ6個で1人前240円。

あまり大きくないが、値段が安いのがいい。

普通の餃子と比べて、特筆するほど味の違いがあるとも思わないが、町おこしの活動をしてこれほど有名になったというのも面白くていいんではないか。

DATA
宇都宮みんみん雀宮店(すずめのみや)
宇都宮市南町13-3
028-655-2351
営業時間 11:30〜20:00
店休日 火曜日
posted by ふう at 22:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

浜焼市場(町田)

本日(5月31日)のランチは町田街道沿いの小山にある、しらす・漁師料理の浜焼市場。

20090531hamayakiichibaB.jpgこの店では、毎日、鮮魚を小田原漁協から、しらすは湘南平塚漁港から直送しているとのこと。

お昼は、しらすかき揚げ丼からお刺身定食など約900円〜1600円で提供されている。

本日は、しらす御膳を注文。1570円。

生しらす、釜揚げしらす、しらすのかき揚げ、しらすの玉子とじ、梅肉おろし、佃煮、茶碗蒸しなど、名前の通りしらすづくしの料理を堪能。

この店に来れば、江ノ島などの海の幸を手軽に味わえる。

ランチどうだった? <1ポイント=1ふう(F)>
味は(×3) 8F(旨い)
値段(×2) 0F(1500円以上)
ボリューム  9F(ご飯お代わり自由)
店構・雰囲気 7F(ひろびろとした店内)
一芸(×2) 8F(港から直送の魚)
接客・その他 7F(活気のある接客)
合計    63F(生シラスを食べたいときはおすすめ)

DATA
浜焼市場(はまやきいちば)
東京都町田市小山町704-1
神奈川中央交通バス中村不動前停留所 徒歩1分 
042-798-7318
月〜金   11:30〜14:00 17:00〜23:00
土・日・祝 11:30〜15:00 17:00〜23:00
定休日無休
http://r.gnavi.co.jp/g916800/
http://hamayakiichiba.com/
posted by ふう at 23:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

蔵人厨ねのひ(名古屋伏見)

本日(1月16日)のランチは名古屋の伏見駅近くにある蔵人厨ねのひ本店

20090116nenohi1B.jpgソニー創業者の盛田氏の実家である蔵元盛田の直営店。

ビルの1階がお店になっていて、酒蔵をイメージした店内はオープンキッチンの開放的な雰囲気。

入口を入ると、キッチンを囲むようなカウンター席とテーブル席、本日は小上がりの座敷席に案内され堀コタツ風のテーブルで落ち着いてランチをいただく。

ランチは、おばんざい膳(1260円)から、赤鶏の炭火焼き膳、魚介の馳走膳(1570円)、さらに4000円くらいまでのお膳が用意されている。

20090116nenohi2B.jpg本日は、魚介の馳走膳を注文。

魚は、刺身、焼き魚、煮魚、揚げ魚、と4種類の調理。

冬は、味噌汁の変わりに季節限定の粕汁にすることも出来る。酒造で出来た搾りたての酒かすで作られているとの事。

これにサラダ、ご飯、お新香、ちりめんじゃこがついて1570円。ご飯はお代わり自由。

メインの大きなお皿に乗っかっているお魚たちは、ボリュームも充分。煮魚とフライは八丁味噌をベースにしたタレのため味付けは少し濃い目で、お昼から日本酒が飲みたくなる。

粕汁は、メインの料理を引き立てるためかやや薄めの味付け。

20090116nenohi3B.jpgデザートは白玉抹茶あんみつ(370円)を注文。あんの甘みとしらたまの食感を味わいながら別腹も満腹になる。


東京の丸の内店の記事はこちら


ランチどうだった? <1ポイント=1ふう(F)>
味は(×3) 8F(おすすめ)
値段(×2) 0F(1500円以上)
ボリューム  8F(おかずも多いしご飯のお代わり自由)
店構・雰囲気 8F(大事なランチ可)
一芸(×2) 8F(酒造直営のこだわりの食材)
接客・その他 8F(落ち着いた高級な雰囲気)
合計    64F(ゆったり贅沢ランチとしてはおすすめ)

DATA
蔵人厨ねのひ本店(クロウドクリヤネノヒ)
名古屋市中区栄1-7-34 盛田ビル1F
地下鉄伏見駅 7番出口 徒歩3分 
052-231-2333
11:30〜14:30 17:30〜22:30(日・祝〜22:00)
定休日 不定休 
http://r.gnavi.co.jp/n648901/
http://www.nenohi.com/

続きを読む
posted by ふう at 05:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

亀屋(伊豆)

本日(10月12日)のランチは、伊豆のそば処亀屋

20081012kameya911B.jpg伊豆の修善寺道路から国道136号に入って直ぐのところにある。

古民家のようなつくりで、床は板張りで民芸家具に囲まれた店内。窓の外にはのどかな田畑の風景が広がり、昔懐かしい田舎の雰囲気が味わえる。

伊豆では、おすすめのお蕎麦屋さん。

本日は、天城名物の猪肉がつけ汁に入っているししせいろと本わさび小丼を注文。


20081012kameya920B.jpg■ししせいろ

つけ汁には猪の肉、玉葱、ネギ、しめじなどの具がたっぷりと入っていて、いい味が出ている。

山葵の代わりにおろししょうがが付いている。

そばは、黒っぽい田舎蕎麦で腰が強くツルツル感もあり旨い。




20081012kameya917B.jpg■わさび丼

削り節、のりが乗っかったあつあつのご飯に、すりおろしたわさびを乗せ醤油を垂らして食べる。

山葵の香りを活かした素朴な味の丼で、山葵が好きな人には、一度は試して欲しい一品。



ししせいろ 1150円
わさび小丼  420円

DATA
そば処 亀屋
静岡県伊豆市下船原188-1
0558-87-0270
定休日 毎週木曜日(都合によりその他休業あり)
10:30〜16:00
http://www4.tokai.or.jp/kameya/

posted by ふう at 23:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

すしどんぶりの丼(築地)

本日(8月7日)のランチは、築地市場のすしどんぶりの丼

20080807don1B.jpg場外市場の一番端っこの、市場に一番近い通りに面したところにあり、お昼は、880円〜2000円で各種の海鮮の丼を提供している。

店頭は、看板がでっかく、ちょうちんやメニューの写真なども貼られていて派手なのだが、店内はカウンター10席だけの小さな店で、仲間内の食堂のような簡素なつくり。

店の前に券売機が置かれているのだが、故障なので中で注文してくださいとの張り紙がされていた。

中に入ると、冷房がよく効いていて、ほっと一息。

20080807don2B.jpg席に着くと冷たい麦茶が出され、カウンターの上に2Lのペットボトルがどーんと置かれる。お茶のお代わりはセルフサービス。

本日は、サケいくら丼を注文。酢飯の上に錦糸玉子を引き、サケ、いくら、玉子焼き、お新香が乗っかっている。味噌汁がついて880円。

このあたりでは、コストパフォーマンスの高いランチ。

客は、仕事でこの近くに来たようなサラリーマンが多いようだ。

前回のJ丼(バラちらし寿司)の記事はこちら

ランチどうだった? <1ポイント=1ふう(F)>
味は(×3) 7F(旨い)
値段(×2) 6F(900円以下)
ボリューム  6F(ちょうど)
店構・雰囲気 5F(仲間と早飯)
一芸(×2) 8F(築地の新鮮なネタ)
接客・その他 7F(家庭的な雰囲気)
合計    67F(築地のコストパフォーマンスの高いランチ)

DATA
すしどんぶりの丼
東京都中央区築地6-27-2
都営大江戸線築地市場駅 A1出口 徒歩3分 
03-5148-0362
06:00〜22:00(木・日)〜18:30
定休日 無休
http://r.gnavi.co.jp/g420345/

posted by ふう at 23:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

喜春(猪苗代)

本日(7月6日)のランチは、猪苗代駅からすぐ近くの喜春。

20080706bandai601B.jpg猪苗代の駅から歩いてすぐの所にある小さな日本料理店で、全てにこだわりを感じられるお店。

戸を開けると中にもう一枚玄関の戸があり、その前には、生け花が飾られている。

店内は、厨房を囲むようにL字型のカウンターと奥には10名程度のテーブル席、同じく10名程度のお座敷がある。

それぞれの内装や調度品も落ち着いた雰囲気を出している。

20080706bandai599B.jpg本日は天もりそばを注文。1200円。

十割の手打ち蕎麦。そばつゆは、鰹のだしとかえしが別々に出される。

まず鰹節の出汁の香りを感じつつ、好みに応じてかえしを加えていく。

天ぷらは、海老や季節の野菜で盛りだくさん。

冷房の効いた店内で、日本の味を堪能できる。

ランチどうだった? <1ポイント=1ふう(F)>
味は(×3) 7F(旨い)
値段(×2) 3F(1200円以下)
ボリューム  6F(ちょうど)
店構・雰囲気 7F(仲間と少しゆったり)
一芸(×2) 7F(こだわりの日本料理)
接客・その他 7F(特になし)
合計    61F(猪苗代ではおすすめ)

DATA

喜春(きしゅん)
福島県耶麻郡猪苗代町大字千代田字扇田12-5
JR磐越西線猪苗代駅 徒歩3分 
0242-63-1376
12:00〜14:00 17:30〜22:00
定休日 不定休 

http://r.gnavi.co.jp/t230400/
http://www.ki-shun.jp/

posted by ふう at 22:47| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

千石自慢ラーメン(千石)

20080307sengoku1B.jpg本日(3月7日)のランチは、千石自慢ラーメン

巣鴨駅から都営三田線千石駅に向かって、白山通りを約3分歩いたところにあり、お昼は行列の出来る人気店。

13時頃でも、店の外に数人並んでいて、中に入って食券を買うと、店の中にも数人の待ちがあった。

店はカウンターだけで、厨房に面して12席、外の窓に面して5席の合計17席だけ。

20080307sengoku2B.jpg本日は、お店のPOPで、「青ネギたっぷり、肉もりもり」とお薦めの肉醤豚ラーメンを注文。850円。

一番上に叉焼がたっぷり乗っていて、その下にはモヤシが敷かれている。スープには背油がいっぱい浮かんでいて、油っこそう。

麺は太麺で、全体としてとして、ボリュームのあるラーメン。

食べてみると、叉焼は油が抜けていて、柔らかくほどよく味付けされている。背油の粒々の多さに似合わず、スープの味は意外にあっさりしている。


工夫されたラーメン。店員の動きもきびきびしていて感じがいい。

ランチどうだった? <1ポイント=1ふう(F)>
味は(×3) 7F(旨い)
値段(×2) 6F(900円以下)
ボリューム  7F(ちょうど)
店構・雰囲気 5F(仲間と早飯)
一芸(×2) 7F(行列の出来るラーメン店)
接客・その他 7F(特になし)
合計    66F(ラーメン好きなら一度は)

DATA
千石自慢ラーメン 本店(せんごくじまんらーめん)
東京都文京区本駒込6-5-4
JR山手線巣鴨駅 徒歩3分
03-3944-0336
11:30〜翌2:00 11:30〜24:00(日曜日)
定休日 水曜日
http://www.sengokujiman.com/index.htm
http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13003826/

posted by ふう at 23:02| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ランチその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月29日

高はし(築地)

本日(2月29日)のランチは、築地市場の高はし

20080229takahashiB.jpg築地市場内の旨い魚を食べさせると評判の定食屋さんで、お昼はいつも行列が出来ている。

冬季限定のあんこう煮とあなご丼が名物だが、他にも刺身定食、煮魚定食、焼き魚定食を提供している。

本日は、あなご丼を注文。味噌汁、お新香、小皿がついて1100円。

あなごはよく煮られて柔らかく、ほどよい醤油味。

わさびをつけて、ご飯と一緒に口に運ぶと、穴子の香りとふわふわっとした触感が口の中に広がる。

小皿は里芋の煮物と切り干し大根で、これも美味しかった。

刺身定食(1300円)、あんこう煮定食(2800円)を注文している人も多く、それらも美味しそうだった。

ランチどうだった? <1ポイント=1ふう(F)>
味は(×3) 7F(旨い)
値段(×2) 4F(1100円以下)
ボリューム  6F(ちょうど)
店構・雰囲気 5F(仲間と早飯)
一芸(×2) 8F(高はし名物あなご丼)
接客・その他 6F(行列覚悟)
合計    62F(旨い魚を食べたいときはおすすめ)

DATA
高はし(たかはし)
東京都中央区築地5-2-1 築地市場内 8号棟
03-3541-1189
07:00〜13:00
定休日 日曜・祝日・休市日(主に第2・4水)
http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13002303/

posted by ふう at 23:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | ランチその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

呼子のイカ(佐賀)

20080224yobuko323B.jpg本日(2月24日)のランチは、佐賀県の呼子でイカの活造り。

呼子には、港の岸に沿って、何件ものイカの活造りを提供するお店がある。

注文すると、イカを生簀からすくって捌き、活き造りにして出してくれる。

まだ生きている時と同じように、体の表面の色がネオンのように変化し、足がモゴモゴと動いている。

足の部分を鋏で切って、醤油につけて食べると口の中で足がもがいているのがわかる。

20080224yobuko330B.jpg刺身を食べると、残ったゲソを天ぷらにしてくれる。

どの店も、単品で2000円強、ご飯、味噌汁、いかシュウマイ、小鉢などを漬けたセットで2700円程度から。


なお、午前中は有田焼めぐり


有田焼めぐりはこちら
posted by ふう at 23:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。