2007年04月12日

田中家(保土ヶ谷)

本日(4月12日)のランチは保土ヶ谷駅近くの、そば処田中家。

20070412tanakaya2B.jpg駅から横浜方面に線路沿いに徒歩5分ほどの住宅街の中にあるので、一見の客は少ない。手打ちの更科そばと田舎そばが人気で、ひいきにしている常連も多い。

本日は、ネパール産の紅い花のお蕎麦を大盛りで注文。850円。

この紅い花のおそばは、実は日本にも持ち込まれ、品種改良されて「高嶺ルビー」という品種で
栽培されている。

20070412tanakayaB.jpg日本のお蕎麦の花は通常は白いのだが、紅い花のおそばは文字通り赤い花が咲き、そば畑も綺麗でわざわざ見に行く人もいる。

お蕎麦の収穫量が少ないため値段も高く、そもそも提供しているお店も少ない。田中家でも、いつも提供されている訳ではない。

お蕎麦は通常のおそばに比べて、少しピンクがかっているが、言われないと判らないくらい。

味も普通のお蕎麦に比べ、少し甘みがあると言われている。(が、あまり変わらないような気もする。)

久しぶりに、珍しいお蕎麦を食した。

ランチどうだった? <1ポイント=1ふう(F)>

味は(×3) 6F(旨い)
値段(×2) 6
F(900円以下)
ボリューム  6F(ちょうど)
店構・雰囲気 6F(仲間と少しゆったり)
一芸(×2) 7F(旨い手打ち蕎麦)
接客・その他 6F(特になし)
合計    62F(保土ヶ谷のおすすめの蕎麦店)

DATA
そば処田中家
横浜市保土ヶ谷区西久保町57
JR保土ヶ谷駅徒歩5分
045-331-0751

posted by ふう at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチ横浜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

宿場そば桑名屋(保土ヶ谷駅)

本日のランチは保土ヶ谷駅近くの宿場そば桑名屋

JR保土ヶ谷駅北口を出て、左側の細い通りに入り50m位先の所にあるが、初めての人には分かりずらい。この細い通りは、実は旧東海道。江戸時代はちょうどこの辺りが宿場町として栄えていた。

20061002kuwanayaB.jpg桑名屋の店構えは、古い木造の民家のようで、黒木と障子の造りが江戸時代の宿場の風情を醸し出している。入り口で靴を脱ぎ下足箱に入れて上がる。1階は12畳くらいのたたみの間に小さなテーブルが4つほどの15人も入れば一杯になりそうなこじんまりしたスペース。2階にもテーブル席がある。

本日はやさいカレー丼とおそばのセットを注文。840円。落ち着いた部屋で、お蕎麦屋さんのカレーの味とおそばが一度に味わえる。
 
ランチどうだった? <1ポイント=1ふう(F)>
味は(×3) 6F(旨い)
値段(×3) 6F(900円以下)
ボリューム  7F(ちょうど)
雰囲気・接客 7F(仲間と少しゆったり)
一芸・特徴有 7F(江戸時代の民家のような落ち着いた造り)
他には    6F(特になし)
合計    63F

DATA
宿場そば桑名屋
横浜市保土ヶ谷区岩井町21
045-331-0233
JR保土ヶ谷駅
徒1分
11:00〜22:00休けい時間なし。
定休日 毎週木曜日
http://gourmet.yahoo.co.jp/0001315940/U0002144436/
 
 

posted by ふう at 23:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ランチ横浜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。