2008年10月30日

はなぶさ(門前仲町)

本日(10月22日)のランチは、門前仲町の手打ちそばのはなぶさ

20081022hanabusa1B.jpg場所は、門前仲町から永代通を東に進み、牡丹町方面へ歩いて5分くらいの所で、こじんまりとした店構え。

店内は、4人掛けのテーブル席が5つ位の小さな店。テーブルの一つは個室風になっているが、たぶん以前は蕎麦の打ち場であったのであろう。

現在の打ち場は別館に移っているとの事。

夜は居酒屋で、いろいろな日本酒や焼酎、酒の肴が準備されている。

蕎麦のメニューは、もりそば650円から特製天もり1850円で、大盛は210円増し。手打ちにこだわりがあるからか若干高めの価格設定。

20081022hanabusa2B.jpgどのメニューも、蕎麦は、田舎、更級、江戸前の3種類から選べる。江戸前は、田舎と更科の中間のバランスがとれた蕎麦。

本日は、もりそばを田舎の大盛で注文。しめて860円。

蕎麦は、黒くて太く、いかにも素朴な手打ちの田舎そば。食べてみるとモチモチしていて腰も強く旨い。お蕎麦の風味がもう少し感じられたら完璧だろう。つけ汁の味もちょうど良い。

量は少なめなので、大盛でちょうど。

ランチどうだった? <1ポイント=1ふう(F)>
味は(×3) 7F(旨い)
値段(×2) 6F(900円以下)
ボリューム  6F(ちょうど)
店構・雰囲気 6F(仲間と少しゆったり)
一芸(×2) 7F(こだわりの手打ち蕎麦)
接客・その他 6F(家族的な感じ)
合計    65F(旨い手打ちそば)

DATA
手打ちそば 季節料理 はなぶさ
03-3630-4337
東京都江東区牡丹2-2-15
東京メトロ東西線門前仲町駅から徒歩5分
11:00〜14:30 17:00〜23:00
定休日 日曜日
http://r.tabelog.com/tokyo/A1313/A131303/13002973/
http://homepage2.nifty.com/hanabusa/
posted by ふう at 15:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチ門仲木場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

美学屋(木場)

本日(10月15日)のランチは木場駅近くのラーメン店美学屋

20081015bigakuyaB.jpg木場のラーメン激戦地域の中でも、人気のラーメン屋さん。

本日は醤油ラーメンを注文。(750円)

鶏がらや鰹などでとった透明なスープが醤油の風味によって、甘辛い日本的な味を出している。

チャーシューやメンマなどの具もラーメンに溶け込んでいてバランスのいい構成になっている。

すっきり感のあるラーメン。

前回の記事
 ・07年 4月20日 塩ラーメン

ランチどうだった? <1ポイント=1ふう(F)>
味は(×3) 7F(旨い)
値段(×2) 7F(800円以下)
ボリューム  6F(ちょうど)
店構・雰囲気 5F(仲間と早飯)
一芸(×2) 7F(素材へのこだわり)
接客・その他 6F(清潔感のある店内)
合計    66F(スープの旨いラーメンとしてお薦め)

DATA
美学屋(びがくや) 
江東区東陽3−17−14
東京メトロ東西線木場駅徒歩3分 
03-3699-4290
11:30〜15:00 18:00〜21:00
定休日 日曜・月1回月曜(不定)
http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13020614/

posted by ふう at 08:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチ門仲木場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

ポポラマーマ(門前仲町)

本日(9月16日)のランチは、門前仲町のスパゲッティ専門店ポポラマーマ。

20080916popora1B.jpg首都圏を中心に100店舗以上を展開しているパスタのチェーン店で、お店の雰囲気はファミレス。

こだわりは「生パスタ」とのことで、パスタメニューの種類は多く、お値段も390円〜900円程度と全体的に割安感がある。

お昼は、パスタが4種類から選べ、ミニサラダとドリンクバーがついた750円のセットもある。

メニューを見ていても、目移りがしてなかなか決まらないので、珍しいパスタの中から選ぶことにして、本日は、和風カルボナーラ豆乳スープを注文。730円。

20080916popora2B.jpg大きな白い器に入ったスープパスタは、ボリューム感もたっぷり。

スープの中にはベーコン、半熟玉子、上には水菜が乗っかっている。

スープは、濃厚でクリーミーながら、豆乳と鳥がらの和風の香りもして和洋の味が合体した不思議な味。

パスタも最後までモチモチして美味しかった。

これからも、いろいろなメニューを試したいお店だ。

ランチどうだった? <1ポイント=1ふう(F)>
味は(×3) 7F(おすすめ)
値段(×2) 7F(800円以下)
ボリューム  6F(ちょうど)
店構・雰囲気 6F(仲間と少しゆったり)
一芸(×2) 7F(生パスタ専門店)
接客・その他 6F(スタッフは感じがいい)
合計    67F(手軽なパスタランチにおすすめ)

DATA
ポポラマーマ門前仲町店
江東区富岡1-7-6杉ビル1階
東京メトロ門前仲町駅徒歩1分
03-3820-4417
11:00〜23:00
http://www.popolamama.com/

posted by ふう at 22:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチ門仲木場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

男鹿半島(門前仲町)

本日(8月20日)のランチは門前仲町の秋田料理の男鹿半島

20080820ogahantou1B.jpg場所は、永代通りから、富岡八幡宮の辺りを牡丹の方に少し入ったところにある。

人通りの少ない道に面していて、木造の店構えで、店の前には大きな提灯。

外の陽射しが強かったせいか、中に入ると薄暗い感じがする。

店内も古民家風の造りで、カウンター6席と6人掛けの囲炉裏風テーブルが2つ、10人ぐらい座れる小上がり。

客は少ないかと思っていたのだが、店内を見回すと、意外にもほぼ満席。

20080820ogahantou2B.jpg店名のとおりの秋田郷土料理のお店だが、ランチは、丼物を中心に約700円〜1500円程度で提供している。

本日は、稲庭うどんのセットを注文。ご飯、小鉢、お新香もついて800円。

稲庭うどんは、冷たくツルツルとしていて喉越しが良く、暑い夏のランチにちょうどいい。

12時までに入店すると、700円の鉄火丼が500円とのこと。

ランチどうだった? <1ポイント=1ふう(F)>
味は(×3) 6F(旨い)
値段(×2) 7F(800円以下)
ボリューム  6F(ちょうど)
店構・雰囲気 6F(古民家風の店構え)
一芸(×2) 7F(秋田郷土料理)
接客・その他 6F(特に無し)
合計    64F(手軽な和の料理)

DATA
男鹿半島 本店 (おがはんとう)
東京都江東区牡丹3-5-1 
03-3641-1511
11:30〜13:30 17:00〜22:00
定休日 日曜・祝日
http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13032137/
http://www.ogahantou.com/
posted by ふう at 22:21| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | ランチ門仲木場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月12日

有明(門前仲町)

本日(8月12日)のランチは、門前仲町の軍鶏料理のお店有明

20080812ariake1B.jpg夜は軍鶏料理のお店で、軍鶏の刺身、焼鳥、鍋などを提供している。

店内は広く、中央にオープンキッチンの厨房があり、それを囲むようにカウンター席が10席、その外側にテ
ーブル席がゆったりと配置されている。

お昼はカウンターのみの営業で、昼限定の軍鶏水炊きラーメンを提供している。スープがなくなり次第終了と
のこと。

暖かいラーメン以外にも、つけめんや冷やし和えそばもあるのだが、本日はベーシックな軍鶏水炊きラーメン
を注文。700円。

20080812ariake2B.jpg鶏がらの白濁スープ、麺は固めのストレート細麺。その上に、香ばしい鶏チャーシュー、ネギ、もみじおろし
が乗っかっているだけ。

スープはコクがあり、鶏の旨みの出汁がよく出ているのだが、さっぱりとした上品な味。固めの麺もこのスー
プが適度に絡んで旨い。

ラーメンを食べた後のスープに、洗い飯を入れてポン酢を少し垂らして食べると雑炊のようで二度美味しさを
味わえる。

洗い飯は無料で、注文する時に聞かれるので、頼むとご飯をさっと湯通しして出してもらえる。

店の前の看板に、お昼は、月火木金の週4日しかやっていないと書いてあったと思う。

以前の夜の訪問記事はこちら

ランチどうだった? <1ポイント=1ふう(F)>
味は(×3) 8F(おすすめ)
値段(×2) 8F(700円以下)
ボリューム  6F(ちょうど)
店構・雰囲気 6F(仲間と少しゆったり)
一芸(×2) 7F(軍鶏水炊きの味)
接客・その他 6F(特に無し)
合計    72F(美味しいスープのラーメン)

DATA
東京都江東区富岡1-14-19 向殿ビル1F
地下鉄東西線門前仲町駅 徒歩1分 
03-3641-4222
17:00〜22:00
定休日 日・祝 
http://r.gnavi.co.jp/a696900/

posted by ふう at 23:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチ門仲木場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

しまだ(門前仲町)

本日(7月29日)のランチは門前仲町のうどん・そばのお店、しまだ

20080729shimada1B.jpg店頭にガラス張りの打ち場があり、うどん、そばの両方とも手打ちにこだわっている。

店内に入っても、トントンと蕎麦を打つ音が聞こえてくる。

店内は、4人掛けのテーブルが8つほどのこじんまりした、昔ながらのうどん屋さんで、夜は居酒屋になっている。

本日は、ランチメニューのネギトロと冷たいうどんを注文。

20080729shimada2B.jpg冷たいうどん、ネギトロ丼、冷奴、ナスの煮物、お新香がついて945円。

丼のご飯は多くないが、他のおかずとのバランスを考えるとちょうどいい量。

冷たいうどんは、腰が強くモチモチ感もあり、さすがに手打ちのこだわりの一品。


前回食べたお蕎麦の記事はこちら

ランチどうだった? <1ポイント=1ふう(F)>
味は(×3) 7F(旨い)
値段(×2) 5F(1000円以下)
ボリューム  7F(ちょうど)
店構・雰囲気 6F(仲間と少しゆったり)
一芸(×2) 8F(こだわりの手打ちうどん・そば)
接客・その他 7F(丁重な接客)
合計    67F(美味しい手打ちのうどん)

DATA
うどん・そば しまだ
江東区富岡1−8−32 天孝ビル1階
03-3630-6565
地下鉄門前仲町駅 徒歩1分
平日 11:00 - 16:00 / 17:30 - 22:00
土曜 11:00 - 16:00 / 17:30 - 21:30
日祝 11:00 - 16:00 / 17:30 - 21:00
http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13017980/

posted by ふう at 23:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチ門仲木場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

つけそば屋たかまる(門前仲町)

本日(7月9日)のランチは、門前仲町のつけそば屋たかまる

20080709takamaru1B.jpg場所は、永代通りから、富岡八幡宮のあたりを牡丹方面へ入った橋の袂。

店の雰囲気は立ち食い蕎麦屋さんだが、カウンターに7つと反対側の壁側2つ脚の長い椅子が置いてあり、座れるようになっている。

ここのメインのメニューはつけそばで、ラーメンではなく冷たい日本蕎麦を温かいつけ汁につけていただく。

メニューは、つけそば680円、肉つけそば780円、鴨つけそば830円の3種類で、量は並(一人前)、中(二人前)、大(三人前)の3つから選べるが値段が変わらない。

トッピングにいろいろな種のてんぷらも用意されている。なお、つけそば以外の通常の冷・温そばも用意されている。

20080709takamaru2B.jpg本日は、つけそばの中盛にかき揚げてんぷらをトッピングで注文。計780円。

おそばは、生めんを茹であげ冷水で洗って出される。コシもしっかりしていてまずまずの味。おそばの上には鰹節の粉がまぶされている。

お汁には、刻んだ油揚げ、天玉、わかめ、刻みネギなどが入っていて、味は少し濃い目だが、魚の出汁が良く効いている。

かき揚げ天ぷらは、注文してから衣を付けて揚げてくれるので、カラッとしている。

料金は前払いでお蕎麦を受け取るときに支払う。

立ち食い蕎麦屋さんのジャンルで考えれば充分合格点の味で、安くて量も増やせるので、お蕎麦好きならいいかも。

ランチどうだった? <1ポイント=1ふう(F)>
味は(×3) 6F(旨い)
値段(×2) 7F(800円以下)
ボリューム  7F(ちょうど)
店構・雰囲気 4F(仲間と早飯)
一芸(×2) 6F(つけそば)
接客・その他 7F(感じの良い接客)
合計    62F(お蕎麦好きにはいいかも)

DATA
つけそば屋たかまる
東京都江東区富岡1-26-1
03-3641-1588
11:00 - 25:00
定休日 日曜日・祝日
http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13036177/
posted by ふう at 23:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチ門仲木場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

今井商店イーズ(木場)

本日(7月2日)のランチは、木場の今井商店イーズ

20080702imai0B.jpg東西線木場駅から、永代通りを東陽町の方に向かい徒歩1分の右側にあるのだが、目立たないので見過ごしそうな店構え。

イタリア料理店のようなダイニングバーで、2年位前から夜に営業をしていたのだが、最近ランチも始めたとの事。

店内は、入口に6人掛けの大きな楕円形のテーブルがあり、その向こうに2〜3人掛けのテーブルが6つで、20人位しか入れないこじんまりしていて、イタリア風というか南欧風というか、木造のおしゃれな内装。

20080702imai1B.jpgランチは、3種類くらい有り、950円〜1050円で提供されている。

本日は、冷製南瓜のスープとナスとトマトと半熟玉子のラザニアのセットを注文。サラダが付いて950円。

スープは冷たく量も多い。かぼちゃの甘味と冷たくなめらかな舌触りが初夏の味を演出している。

ラザニアは出来立てでグツグツと音がしながら出される。

20080702imai2B.jpg熱々なのでゆっくりと少しずつ食べるのだが、クリ
ームやチーズがたっぷり入っていてなかなか冷めない。

半熟玉子を乗せてからオーブンされていて、その玉子
も味に変化を与えている。

器は小さめなのだが、腹にたまる感じ。

この店は、昔は畳屋さんだったのだが、五代目が一部の仕事場を残し、通りに面したスペースを息子に提供し
て作られたとの事。

スープとラザニアのどちらもしっかりした味で旨かった。

夜の料理も期待できそう。

ランチどうだった? <1ポイント=1ふう(F)>
味は(×3) 7F(旨い)
値段(×2) 5F(1000円以下)
ボリューム  6F(ちょうど)
店構・雰囲気 7F(仲間と少しゆったり)
一芸(×2) 7F(しっかりしたお料理)
接客・その他 7F(感じの良い接客)
合計    65F(おしゃれな南欧料理店)

DATA
今井商店イーズ
東京都江東区木場5−3−3
03−3641−2728
18:00〜24:00
日曜・祝日定休
http://r.gnavi.co.jp/p745200/
posted by ふう at 23:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチ門仲木場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

富水(門前仲町)

本日(5月20日)のランチは、門前仲町の食堂富水

20080520tomisui1B.jpg場所は富岡八幡宮と深川不動堂の間で、永代通りから少し入ったところ。魚河岸「富岡水産」という魚屋に併設されているお店。

夜は居酒屋で、昼は各種定食を800円〜で提供している。

入口は魚屋の横にあり、その狭い通路を通って奥に行くと、意外に大きく50席以上はありそうな店内が広がる。

場所柄と店構えから想像がつくだろうが、客は近隣で仕事をしている人と、近所に住んでいる人が入り混じっている。

雰囲気は古くからある庶民向けの居酒屋さんで、私はこういう雰囲気が妙に落ち着いてしまうのである。

20080520tomisui2B.jpg焼き魚、煮魚、鰻や富水定食などのメニューから、本日はミックスフライ定食を注文。1000円。

フライは、アジの開き、海老、白身魚でどれも、素材の味を活かしながらカリッと揚げられている。

添えられいるタルタルソースや、テーブルに置かれている昔ながらのソースをかけながら食べる。

庶民が気軽に立ち寄れる下町の定食屋さん。

ランチどうだった? <1ポイント=1ふう(F)>
味は(×3) 6F(旨い)
値段(×2) 5F(1000円以下)
ボリューム  7F(ちょうど)
店構・雰囲気 6F(仲間と少しゆったり)
一芸(×2) 7F(魚屋さん経営の定食屋さん)
接客・その他 7F(下町の雰囲気)
合計    62F(庶民の食堂)

DATA
食堂富水(しょくどうとみすい)
東京都江東区富岡1丁目10-3
03-3630-0697
11:00〜14:00 17:00〜21:00 
http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13039092/
posted by ふう at 06:29| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ランチ門仲木場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

六衛門(門前仲町)

本日(3月4日)のランチは、門前仲町の深川不動尊の参道沿いにある六衛門

20080304rokuemon1B.jpg店構えは、参道らしく木造で昔からの歴史を感じさせる佇まい。のぼりには、おおきく名物深川丼の文字。

しかしながら、店内に入ると4人掛けテーブルが3つ置かれている小さな普通の古いお店。2階にも席があるようだ。

本日は、このお店の名物深川丼を注文。小鉢2つと味噌汁、おしんこがついて1050円。

深川丼は、アサリ、ネギ、厚揚げを煮込んで、お汁と一緒にご飯の上にかけたもの。

20080304rokuemon2B.jpg通常、深川丼といえば味噌味なのだが、ここは醤油味で、味付けも特別な印象は薄い。

深川丼の発祥は漁師料理で、丼のご飯にアサリの味噌汁をかけて食べたのが始まり。

現在では店によって、アレンジされたり工夫されたりして、いろいろな種類がある。

元々の形の味噌汁ご飯タイプ、現在ではポピュラーな炊き込みご飯タイプ、さらには蒸篭で蒸したおこわタイプ等。

六衛門の深川丼も、確かに漁師料理に近いかも知れないが、汁も多い訳ではなく味付けも変化している。

ランチどうだった? <1ポイント=1ふう(F)>
味は(×3) 5F(まあまあ)
値段(×2) 4F(1100円以下)
ボリューム  6F(ちょうど)
店構・雰囲気 5F(仲間と早飯:外観は古い木造)
一芸(×2) 7F(参道沿いの元祖深川丼)
接客・その他 6F(特になし)
合計    54F(立地と店のお外観は良いのだが)

DATA
六衛門(ろくえもん)
東京都江東区富岡1-12-2
03-3641-2594 
11:30〜14:30、17:00〜19:30
定休日 水曜(1・15・28日の場合は翌日休)
http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13026560/
posted by ふう at 23:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチ門仲木場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。