2008年04月27日

080427富士五湖

本日(4月27日)は第18回チャレンジ富士五湖の応援に参加。

20080427fuji282B.jpgこの大会はチャレンジ112k、レギュラー100k、ビギナー72kの3種目で今年の参加者は、それぞれ約300名、800名、500名。

朝は曇っていたが、9時頃から天気になり富士山もよく見えるようになった。

私は、先週の宮古島があったため、今回はエントリーせずに応援に専念。

応援の合間にゆっくりと山中湖を1周。写真はその途中から写した富士山。

20080427fuji488B.jpg32キロ地点のランナーの勇姿。

上から、

華麗にトップ?を走るちーちゃん。




ランもポーズも絶好調の浜ちゃん。




100kの部最年長で、重いリュックを自ら背負って走る髭KAKUさん。











posted by ふう at 23:07| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

ラグビーフェスティバル

本日(4月6日)は、秩父宮ラグビー場でラグビーフェスティバルの試合に出場。

20080406raga20010B.jpg全国の10高校ラグビー部OBによる交流戦。

秩父宮ラグビー場を使用できる機会はなかなかない。


<参加校>
東京都:大泉、小石川、新宿、戸山、日比谷

秋田県:秋田

愛知県:千種、旭丘

大阪府:北野、天王寺

20080406raga3093B.jpg混成チーム、単独チーム、40歳以上のチームなどに分かれて、緑の芝生の上でプレー。

40歳以上のチームも、いろいろなチームでプレーしている人も多いようで、結構あたりが強かった。






20080406raga245B.jpg試合前には、神宮外苑に足を延ばしてウォーミングアップ。

外苑の周回道路は、毎週日曜日と祝日、自動車の通行禁止にしてサイクリングコースになっている。

もちろんジョギングをしている人も多い。

この日は、桜が満開でお花見をしながら散歩をしている人も。


20080406raga248B.jpgこの周回コースは1周1325mで、歩道に距離の表示が埋め込まれている。

ジョギングしている人もペースを確認しやすい。

写真は1000m地点







posted by ふう at 23:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

高級リゾート地コモ湖

200711itaP1000745B.JPG6日目は、午前中、ミラノから北へ約1時間のところにある高級別荘地、コモ湖に出かける。

コモは、スイス国境に近いのだが、意外に温暖な気候で世界の大富豪やセレブが別荘を建てている。

お昼頃、ミラノに戻ってきて昼食を取り、夕方まで街を散策後、ミラノマルペンサ空港から帰路に着く。



【他の写真】
posted by ふう at 23:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

ミラノのドゥオモ

200711itaP1000687B.JPGお昼前にミラノに到着。午後からは、ドゥオモやミラノの街を観光後、「最後の晩餐」を鑑賞。

ミラノのドゥオモは、バチカン市国のサン・ペテロ大聖堂に次ぐ世界で2番目の規模の大聖堂。

14世紀に建造が始まり、実に500年の歳月をかけて立てられた、世界最大のゴシック建築。

第2次大戦の時は、連合軍の判断で爆撃は回避されたとのこと。

しかし、正面の一部の作りがゴシックではないため、世界遺産には指定されないのだそうだ。




【他の写真】
posted by ふう at 23:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月02日

ジュリエットの家(ベローナ)

200711itaP1000611B.jpg5日目は、早朝ベネツィアを出発し、ベローナに立ち寄り、ミラノに向かう。

ベローナは、イタリアの交通の要所として紀元前から栄えた街で、2000年に世界遺産にも登録された美しい街。

シェークスピアの悲劇「ロミオとジュリエット」の舞台といわれている。

「ジュリエットの家」にあるジュリエットの銅像。この左胸に触ると幸せになれると言われている。





【他の写真】
posted by ふう at 23:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月01日

水上都市べネツィア

200711itaP1000505B.JPG4日目は、早朝フィレンツェを出発し、べネツィアに向かう。

昼前にべネツィアに到着、イカ墨のスパゲッティのお昼を食べた後は、ゴンドラで街を遊覧。

ベネツィアでは、車は中に入れず交通は徒歩と船のみ。

科学技術の進歩とは一線を画し、いまだに中世の生活をしているかのような、不思議な風景の都市。

運河と船と建物が実に美しく、どこを見ても絵になる街。都市全体が世界遺産。



【他の写真】
posted by ふう at 23:51| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月31日

ピサの斜塔

200711itaP1000364B.jpg3日目の午後は、フィレンツェから車で1時間程度西の、イタリア半島の西海岸に面したピサの町へ行きピサの斜塔を見学。

1173年に着工されたが、その途中から塔が傾き始め、完成までに約200年かかったとのこと。

工事の途中で傾きを修正させながら進められたが、修復できず、最上階のみ地上と並行になるように立てられた。









【他の写真】
posted by ふう at 23:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月30日

花の都フィレンツェ

3日目は終日フィレンツェ観光、午後には車で1時間のピサへも足を延ばす。

200711itaP1000271B.jpgフィレンツェは、14世紀頃に繁栄したメディチ家による学術・芸術の振興によって、ルネッサンスが花開いた街。

財力だけでなく芸術を見出す眼も持っていて芸術家を支援し、レオナルド・ダ・ビンチやミケランジェロなどの天才も輩出した。

現在でも、建築や彫刻などの歴史的な遺産や美術品が残っている。屋根の無い博物館といわれるほどで、町全体が世界遺産に登録されている。

写真はヴェッキオ宮殿。14世紀に建てられた石造建物、現在は市庁舎として使用されている。




【他の写真】
posted by ふう at 09:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

バチカン市国とローマ

200711itaP1000196B.JPG2日目は、ローマ市内とバチカン市国を観光し、夕方にフィレンツェに移動。

ローマは、かつての世界の中心地だけあって、歴史的な建造物や遺産が多く、はるか昔にタイムスリップしたような感覚がした。

街の風景は、50年以上前の映画「ローマの休日」と変わっておらず、石造りの建物や石畳の道もそのままだし、オートバイも多い。



【他の写真】
posted by ふう at 23:36| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

青の洞窟(カプリ島)

200711itaP1000080B.JPG10月下旬から約8日間でイタリア旅行。

まずは、「青の洞窟」

初日、早朝ローマからナポリに行き、そこからさらに船に乗ってカプリ島の「青の洞窟」へ。

洞窟の中は、聞いていた通り青い神秘的な世界だった。






【他の写真】
posted by ふう at 23:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。