2006年11月08日

玄海灘(東京駅八重洲)

本日のランチは東京駅八重洲にある玄海灘

20061108genkainada12B.jpgビルの入口に小さな看板があり、その横には大きな鯵の開きが椅子の上に置いてあるが、よく見ないと「ほっけ」と勘違いしそう。これを見落とすと、ビルの入口に看板が掲げられている訳でもなくわかりずらい。ビルの狭い階段を下りていくと店があり、階段の途中に貼り紙があり、「高級魚のアラ(クエ)を、毎日航空便で取り寄せている」と書いてある。夜は高そうだが、こだわりの店で期待できそうな雰囲気。

店内は、カウンター、テーブル席が一つ、小上がりだけで30人位しか入れない。カウンターの背中には、焼酎瓶がずらりと並んでいて、メニューには森伊三などの幻の焼酎などもある。夜のメニューを見ると。3,000程度の予算からでも食べられそうだが、クエのコースは安いといってもやはり一万円。

昼はカウンターだけしか使っていないようで10人位しか座れない。カウンターの前には広い厨房が見えるつくりになっていて、そのカウンターにお客さんが5人程度しか居ない。メニューは、鯵と鯖などの焼き魚の定食だけ。

20061108genkainadaB.jpg本日は店の外に置いてあったのと同おお鯵の開き定食を注文。鯵は、グリルで焼き上がったばかりの熱々の状態で出てきた。本当に巨大で2人で食べても充分くらいのおおきさ。ボリュームは充分で脂ものっていて旨かったが、最後まで食べるのには疲れた。

インターネットにも店の情報は出ていないし、客を呼び込もうという態度が見えないのに、夜は混んでいるらしい。

謎が多く、夜を含めて今後も継続フォローが必要な店だ。

ランチどうだった? <1ポイント=1ふう(F)>
味は(×3) 8F(旨い)
値段(×3) 6F(900円以下)
ボリューム  7F(ちょうど)
雰囲気・接客 7F(仲間とゆっくり)
一芸・特徴有 8F(どーんと巨大な鯵)
他には    7F(九州から直送の魚たち)
合計    71F(焼魚が食べたいときはおすすめ)
 
DATA
玄海灘

東京都中央区八重洲1−4−4不二ビルB1
JR東京駅日本橋口 徒歩3分 

03-3231-0252 
posted by ふう at 22:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチ八重洲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。