2010年02月13日

網走(流氷ウォッチの旅)

本日(2月13日)は網走で流氷ウォッチ。

20100213ryuuhyou737B.jpg■おーろら号

まずは、網走から流氷砕氷船おーろら号に乗って、海の上から流氷ウォッチ。

おーろら号は、80cmの厚さの氷の海でも氷を砕きながら航海出来るとのこと。

流氷の季節は、通常朝9時半から1日5便が就航している。

流氷の季節以外は、知床のウトロで観光船として活躍している。

20100213ryuuhyou755B.jpg■流氷の海

港では流氷が接岸していなかったが、沖に出ると分厚い氷の海が待っていた。

本日は朝8:00に臨時便がありそれに乗船。

天気も良く、船も空いていて、デッキの上をあちこちと移動しながら流氷ウォッチ。

船首では、厚い氷が砕かれて流れていくのが見えるが、厚さは50cmくらいはありそう。
 
20100213ryuuhyou788B.jpg■流氷まつり

網走港の埠頭で、毎年開催されている流氷まつり。

今年は2月11日〜14日まで開催。

会場には、大小40以上の氷雪像が作られ、屋台なども出ている。

刺すような冷たい空気と、白い雪に反射してまぶしい日差しと、熱いワンカップが良く合う。


20100212ryuuhyou735B.jpg■網走の夜

前日に到着した網走の街。

気温マイナス10度とのことでしびれるような寒さ。

さらに雪も降ってきて、それでも繁華街では結構多くのお店が営業していた。

明るい扉を開けて暖かいお店に入ると生き返る。


posted by ふう at 23:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142392239

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。