2010年01月10日

時之栖(御殿場)

本日(1月10日)は、御殿場高原の時の栖(ときのすみか)のイルミネーション鑑賞。

20100110tokinosumika668B.jpg■光のトンネル

430mと超長い電飾のトンネル。

明るい電飾が延々と続き、暖かい雰囲気に包まれる。

16時45分に点灯した瞬間は、あちこちから大きな歓声。

休日はとにかく人が多いので、やはり平日に来たほうが、ゆっくり見学できそう。

時之栖HP



<続き>

20100110tokinosumika670B.jpg■トナカイの北極ソリ

光のトンネルの中に設置されている18頭のトナカイ。

真っ白でキラキラと光っていて、クリスマスの雰囲気。

子供連れは、子供をトナカイに乗せて写真撮影。(幼児以下は上に乗ってもいいとのこと)



20100110tokinosumika671B.jpg■シャンデリア

プラネタリウムのような半球の形の網の中に、クリスマスの飾りのように、いろんな形の光の飾りが飾られている。









20100110tokinosumika659B.jpg■星の王子様

第2会場の電飾で作られた星の王子様。

高さ10mくらいはありそうな、大きなイルミネーション。









20100110tokinosumika667B.jpg■星の王子様(昼の姿)

日が暮れる前の姿はこちら。













20100110tokinosumika639B.jpg■氷上の妖精

同じく第2会場の、星の王子様の隣にあるイルミネーション。

地面の上に電飾が飾られ、川か湖の流れとその上に張っている氷のようなイメージ。

さらに、その上に立つ白い妖精。

妖精は、会場全体で150体あるとのこと。

北欧のイメージかな。

20100110tokinosumika654B.jpg■オーロラの夢

氷上の妖精のイルミネーションが消灯し、その場所でオーロラが現れる。

緑と赤のカーテンが波打ちながらゆらゆらと揺れているような、幻想的な光景。

本物のオーロラは見たことがないが雰囲気はよく似ているのだろう。

約10分間のショーだが、一見の価値有り。


20100110tokinosumika655B.jpg■オーロラの夢(その2)

この演出はドイツ製の機械で行っているとのこと。

会場の設備の中から煙が出てきて、スクリーンとなり、そこへ赤と緑のレーザー光線が当たってオーロラのように見えるしくみ。






20100110tokinosumika628B.jpg■その他1(富士山)

時の栖の夕暮れの空に富士山が大きく浮かんでいる











20100110tokinosumika633B.jpg■その他2(スローハウスビラ)

時の栖の中にある宿泊施設で、丸型のロッジが60以上並んでいる。

地中海の街並みのような風景。






posted by ふう at 23:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132130822

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。