2008年07月31日

吾照里(東京駅八重洲)

本日(7月31日)のランチは、東京駅八重洲北口の黒塀横丁にある吾照里(オジョリ)

20080731ojori1B.jpgお昼は800円〜1500円程度で本格的な韓国料理を味わえる。

店内は結構広く、テーブル席、掘り炬燵式の小上がりと座敷で100席近くはありそう。

本日は、店に到着したタイミングで、ちょうどテーブル席も一杯になったようで、座敷に通された。

メニューを見ると真夏の季節限定で韓国冷麺祭りなどもあり、これもなかなか美味しそう。

20080731ojori2B.jpg本日は、オーソドックスに石焼ビビンバ定食を注文。わかめのスープ、サラダ、小皿が3品ついて1000円。

石焼ビビンバには、たくさんの種類の具と真ん中には卵の黄身が乗っかっている。

熱々のビビンバに、スプーンでスープをかけザクザクと混ぜ始めると、ジューッという音と共に熱い水蒸気とごま油の香りが立ち込める。

熱くて辛い韓国料理は、暑い夏には食欲が出てくる。

ランチどうだった? <1ポイント=1ふう(F)>
味は(×3) 7F(旨い)
値段(×2) 5F(1000円以下)
ボリューム  6F(ちょうど)
店構・雰囲気 7F(仲間と少しゆったり)
一芸(×2) 7F(本格的韓国家庭料理)
接客・その他 7F(お店の人は韓国の人よう)
合計    65F(辛い物好きにはおすすめ)

DATA
吾照里(オジョリ)
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅八重洲北口B1 黒塀横丁内
JR東京駅 八重洲口 徒歩1分 黒塀横丁内
03-5220-5220
11:00〜23:00
定休日 無休 
http://r.gnavi.co.jp/b263611/

posted by ふう at 22:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチ八重洲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

昆ぶ禅(日本橋)

本日(7月30日)のランチは、日本橋の昆ぶ禅

20080730kobuzenB.jpg夜は、宮崎地鶏と昆布だしの讃岐うどんを中心にした居酒屋。

お店は、日本橋コレドのすぐ近くなのだが、小さなビルの3階に有るので目立たないためか、あまり混んでいない。

お昼は、うどんと丼の各種のセットが680円〜910円で提供されている。

本日は、かき揚げ丼と昆ぶ禅うどんのセットを注文。680円。

うどんは、関西風の昆布と鰹節の香りがしてまずまずだが、麺は少し柔らかかった。

こだわりを感じるというほどでもないが、この辺りではまずまずのコストパフォーマンスのお店。

ランチどうだった? <1ポイント=1ふう(F)>
味は(×3) 6F(旨い)
値段(×2) 8F(700円以下)
ボリューム  6F(ちょうど)
店構・雰囲気 6F(仲間と少しゆったり)
一芸(×2) 6F(関西風うどん)
接客・その他 6F(特に無し)
合計    64F(この辺りでは割安なランチ)

DATA
昆ぶ禅(こぶぜん)
東京都中央区日本橋1-6-7 ぬまたビル3F
東京メトロ日本橋駅 徒歩1分 
03-3272-8825
11:00〜14:30 17:00〜23:00(L.O.22:30) 
定休日 土・日・祝 
http://r.gnavi.co.jp/b228300/
posted by ふう at 22:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチ日本橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

しまだ(門前仲町)

本日(7月29日)のランチは門前仲町のうどん・そばのお店、しまだ

20080729shimada1B.jpg店頭にガラス張りの打ち場があり、うどん、そばの両方とも手打ちにこだわっている。

店内に入っても、トントンと蕎麦を打つ音が聞こえてくる。

店内は、4人掛けのテーブルが8つほどのこじんまりした、昔ながらのうどん屋さんで、夜は居酒屋になっている。

本日は、ランチメニューのネギトロと冷たいうどんを注文。

20080729shimada2B.jpg冷たいうどん、ネギトロ丼、冷奴、ナスの煮物、お新香がついて945円。

丼のご飯は多くないが、他のおかずとのバランスを考えるとちょうどいい量。

冷たいうどんは、腰が強くモチモチ感もあり、さすがに手打ちのこだわりの一品。


前回食べたお蕎麦の記事はこちら

ランチどうだった? <1ポイント=1ふう(F)>
味は(×3) 7F(旨い)
値段(×2) 5F(1000円以下)
ボリューム  7F(ちょうど)
店構・雰囲気 6F(仲間と少しゆったり)
一芸(×2) 8F(こだわりの手打ちうどん・そば)
接客・その他 7F(丁重な接客)
合計    67F(美味しい手打ちのうどん)

DATA
うどん・そば しまだ
江東区富岡1−8−32 天孝ビル1階
03-3630-6565
地下鉄門前仲町駅 徒歩1分
平日 11:00 - 16:00 / 17:30 - 22:00
土曜 11:00 - 16:00 / 17:30 - 21:30
日祝 11:00 - 16:00 / 17:30 - 21:00
http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13017980/

posted by ふう at 23:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチ門仲木場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

富士登山

本日(7月20日)は、下界の暑さを避けるため、富士山に登る。

20080720fuji606B.jpg河口湖口五合目から朝8時にスタート。(写真は五合目からの富士山)

5合目から下は、雲の中だったが、その上は快晴。

登るにつれ、空気は冷たくなるのだが、強い陽射しが照りつけるため暑い。

途中、25日の富士登山競争の練習と思われる人が、短パン姿でスタスタと登っていく。

2時過ぎに山頂に到着したが、寒くもなく休憩してからゆっくりと下山。

これで登頂は2回目。

前回は御殿場口からだったので、4つの登山ルートの内、残りは須走口と、富士宮口。

いずれ、そのうち?




登山の行程はこちら
posted by ふう at 23:39| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

宮川(茅場町)

本日(7月11日)のランチは、茅場町のやき鳥宮川

20080711miyagawaB.jpgここの人気は、ポン酢につけて食べる唐揚げ。ということで、本日は、唐揚げ定食を注文。850円。

まず、お茶と鶏がらスープが出されるので、それを飲みながら待つ。

しばらくするとポン酢とご飯、唐揚げが出されてきた。スープも再び運ばれてきた。

唐揚げは、塩味が効いていて、そのまま食べても美味しい。

ネギを入れたポン酢につけて食べると、なるほどさっぱりして美味しく、人気の味が理解できる。

ランチどうだった? <1ポイント=1ふう(F)>
味は(×3) 7F(旨い)
値段(×2) 6F(900円以下)
ボリューム  7F(ちょうど)
店構・雰囲気 5F(仲間と早飯)
一芸(×2) 8F(焼き鳥)
接客・その他 7F(活気のある店内)
合計    68F(さっぱりしたから揚げ)

DATA
やきとり 宮川(みやがわ) 
03-3668-7080 
東京都中央区日本橋茅場町3-5-1
東京メトロ茅場町駅徒歩3分 
11:00〜14:00 17:00〜21:30 
定休日 土曜・日曜・祝日 
http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13008082/
posted by ふう at 23:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチ茅場町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

つけそば屋たかまる(門前仲町)

本日(7月9日)のランチは、門前仲町のつけそば屋たかまる

20080709takamaru1B.jpg場所は、永代通りから、富岡八幡宮のあたりを牡丹方面へ入った橋の袂。

店の雰囲気は立ち食い蕎麦屋さんだが、カウンターに7つと反対側の壁側2つ脚の長い椅子が置いてあり、座れるようになっている。

ここのメインのメニューはつけそばで、ラーメンではなく冷たい日本蕎麦を温かいつけ汁につけていただく。

メニューは、つけそば680円、肉つけそば780円、鴨つけそば830円の3種類で、量は並(一人前)、中(二人前)、大(三人前)の3つから選べるが値段が変わらない。

トッピングにいろいろな種のてんぷらも用意されている。なお、つけそば以外の通常の冷・温そばも用意されている。

20080709takamaru2B.jpg本日は、つけそばの中盛にかき揚げてんぷらをトッピングで注文。計780円。

おそばは、生めんを茹であげ冷水で洗って出される。コシもしっかりしていてまずまずの味。おそばの上には鰹節の粉がまぶされている。

お汁には、刻んだ油揚げ、天玉、わかめ、刻みネギなどが入っていて、味は少し濃い目だが、魚の出汁が良く効いている。

かき揚げ天ぷらは、注文してから衣を付けて揚げてくれるので、カラッとしている。

料金は前払いでお蕎麦を受け取るときに支払う。

立ち食い蕎麦屋さんのジャンルで考えれば充分合格点の味で、安くて量も増やせるので、お蕎麦好きならいいかも。

ランチどうだった? <1ポイント=1ふう(F)>
味は(×3) 6F(旨い)
値段(×2) 7F(800円以下)
ボリューム  7F(ちょうど)
店構・雰囲気 4F(仲間と早飯)
一芸(×2) 6F(つけそば)
接客・その他 7F(感じの良い接客)
合計    62F(お蕎麦好きにはいいかも)

DATA
つけそば屋たかまる
東京都江東区富岡1-26-1
03-3641-1588
11:00 - 25:00
定休日 日曜日・祝日
http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13036177/
posted by ふう at 23:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチ門仲木場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

喜春(猪苗代)

本日(7月6日)のランチは、猪苗代駅からすぐ近くの喜春。

20080706bandai601B.jpg猪苗代の駅から歩いてすぐの所にある小さな日本料理店で、全てにこだわりを感じられるお店。

戸を開けると中にもう一枚玄関の戸があり、その前には、生け花が飾られている。

店内は、厨房を囲むようにL字型のカウンターと奥には10名程度のテーブル席、同じく10名程度のお座敷がある。

それぞれの内装や調度品も落ち着いた雰囲気を出している。

20080706bandai599B.jpg本日は天もりそばを注文。1200円。

十割の手打ち蕎麦。そばつゆは、鰹のだしとかえしが別々に出される。

まず鰹節の出汁の香りを感じつつ、好みに応じてかえしを加えていく。

天ぷらは、海老や季節の野菜で盛りだくさん。

冷房の効いた店内で、日本の味を堪能できる。

ランチどうだった? <1ポイント=1ふう(F)>
味は(×3) 7F(旨い)
値段(×2) 3F(1200円以下)
ボリューム  6F(ちょうど)
店構・雰囲気 7F(仲間と少しゆったり)
一芸(×2) 7F(こだわりの日本料理)
接客・その他 7F(特になし)
合計    61F(猪苗代ではおすすめ)

DATA

喜春(きしゅん)
福島県耶麻郡猪苗代町大字千代田字扇田12-5
JR磐越西線猪苗代駅 徒歩3分 
0242-63-1376
12:00〜14:00 17:30〜22:00
定休日 不定休 

http://r.gnavi.co.jp/t230400/
http://www.ki-shun.jp/

posted by ふう at 22:47| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

080705磐梯高原ウルトラマラソン

本日(7月5日)は、磐梯高原ウルトラマラソンの100kに参加。

20080705bandaimap.jpg今年で4回目を迎える大会で、選手のサポートや会場でのイベントなど、運営も軌道に乗ってきている。

種目
は100k、62k、42.195kの3つで参加者も800名を越えてきた。

100kのコースは、猪苗代町の総合体育館カメリーナがスタート/ゴールで、まず、北側の磐梯山を左に見
ながら反時計回りに1周して40k、さらに周囲60kの猪苗代湖を1周する。
(地図クリックで拡大)

コースの特徴は、磐梯山と猪苗代湖を見ながらの大変景色のいいコースということと、スタートから27k地
点まで標高差600mの登りとそこから10kの下り。

20080705bandai421B.jpg午前4時にスタート。空はすでに薄明るい。

20k地点あたりまでは平坦かゆるい登りで、空気も徐々にひんやりしてきて気持ちが良かったが、20k過
ぎた辺りから坂道は険しくなり、半分くらいは歩き。

27k地点の八方台を過ぎると今度は急激な下り、足が自然に前に出るので実に楽しく走れる。但し、下りは足に負担がかかるため、スピードには要注意。他のランナーも、皆ニコニコ顔で知らない人に話しかけたり、話しかけられたり。

20080705bandai431B.jpgそんな楽しさも40k地点で終わって、地獄が待っていた。

猪苗代湖畔の平地に出ると、今度は34度という真夏の猛暑。

少し走ると頭がくらくらし、さらに前半の足のダメージも出てきて、半分くらいは歩きの状態。

エイドでは頭から水をかぶったり水分補給したりして残りの長い長い距離をひたすら前へ進む。

制限時間15時間のところを、午後6時頃、約14時間でなんとかゴール。

これまでのウルトラ経験の中では最も過酷な大会で、よく途中で止めなかったものだと、自分に賞賛したり呆れたり。

スタッフなどの大会関係者や地元のボランティアの方々もお疲れ様でした。

その他の写真はこちら
posted by ふう at 23:03| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ウルトラマラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

今井商店イーズ(木場)

本日(7月2日)のランチは、木場の今井商店イーズ

20080702imai0B.jpg東西線木場駅から、永代通りを東陽町の方に向かい徒歩1分の右側にあるのだが、目立たないので見過ごしそうな店構え。

イタリア料理店のようなダイニングバーで、2年位前から夜に営業をしていたのだが、最近ランチも始めたとの事。

店内は、入口に6人掛けの大きな楕円形のテーブルがあり、その向こうに2〜3人掛けのテーブルが6つで、20人位しか入れないこじんまりしていて、イタリア風というか南欧風というか、木造のおしゃれな内装。

20080702imai1B.jpgランチは、3種類くらい有り、950円〜1050円で提供されている。

本日は、冷製南瓜のスープとナスとトマトと半熟玉子のラザニアのセットを注文。サラダが付いて950円。

スープは冷たく量も多い。かぼちゃの甘味と冷たくなめらかな舌触りが初夏の味を演出している。

ラザニアは出来立てでグツグツと音がしながら出される。

20080702imai2B.jpg熱々なのでゆっくりと少しずつ食べるのだが、クリ
ームやチーズがたっぷり入っていてなかなか冷めない。

半熟玉子を乗せてからオーブンされていて、その玉子
も味に変化を与えている。

器は小さめなのだが、腹にたまる感じ。

この店は、昔は畳屋さんだったのだが、五代目が一部の仕事場を残し、通りに面したスペースを息子に提供し
て作られたとの事。

スープとラザニアのどちらもしっかりした味で旨かった。

夜の料理も期待できそう。

ランチどうだった? <1ポイント=1ふう(F)>
味は(×3) 7F(旨い)
値段(×2) 5F(1000円以下)
ボリューム  6F(ちょうど)
店構・雰囲気 7F(仲間と少しゆったり)
一芸(×2) 7F(しっかりしたお料理)
接客・その他 7F(感じの良い接客)
合計    65F(おしゃれな南欧料理店)

DATA
今井商店イーズ
東京都江東区木場5−3−3
03−3641−2728
18:00〜24:00
日曜・祝日定休
http://r.gnavi.co.jp/p745200/
posted by ふう at 23:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチ門仲木場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。